説明する男性

    不動産投資の歴史と変遷

    2020年の東京オリンピックの開催化決定し、東京を中心とした首都圏の地価は上昇傾向だ。これを機に初心者ベテラン...

    Readmore
    マンション

    信託から始める資産運用

    オリンピックの開催が決定した東京は、資産バブルの様相を呈している。少なくとも開催される2020年までは、さまざ...

    Readmore
    お金

    不動産投資を検討

     資産運用をする際に、不動産投資を検討する人は多いとされています。不動産投資は株や投資信託など他の資産運用と比...

    Readmore

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

不動産投資の歴史と変遷

説明する男性

2020年の東京オリンピックの開催化決定し、東京を中心とした首都圏の地価は上昇傾向だ。
これを機に初心者ベテラン問わず、資産運用の手段として不動産投資を考える投資家も多いのではないかと思う。
不動産投資の変遷を追ってみた。
遠く昔、資産運用の手立てとして不動産投資とは、限られた資産家しか対象とはならなかった。
自身の資産として所有する土地を有効活用するという方法だ。
不動産を担保に融資を受け、ビルを建設しテナント料で借金を返しながら収入を得るというのがいわば古典的な手法だ。
バブル期には、容易に融資が可能であったため、不動産資産を持たないものでも上記のような運用が可能であった。 Read more

不動産投資を検討

お金

 資産運用をする際に、不動産投資を検討する人は多いとされています。
不動産投資は株や投資信託など他の資産運用と比べて、手間がかからないイメージが強いです。
一度購入し入居者が決まってしまえば、ほとんどすることはないようです。
しかし、初心者が不動産投資をするには初期投資額が大きくリスクが高いように思えます。

物件の見極めも難しくローンも組む必要があるため、敷居が高いと感じる人もいるようです。
良い物件に出会うためには、かなりの物件を見て歩かないといけないので、時間に余裕があるときにか行えないということもあります。
常に良い物件がないかアンテナを張っていなければ、よい物件には出会えないとされています。 Read more